SSHKitを単体で使ってみる

下記のようにする事でSSHKitを単体で使用できました。 ファイルのアップロードとか簡単に書けるので繰り返す処理には便利。

"Logger::DEBUG"の部分を変えることで情報量を変更できる

require 'sshkit'
require 'sshkit/dsl'

SSHKit.config.output_verbosity = Logger::DEBUG

remote_host = SSHKit::Host.new('192.168.33.1')
remote_host.user = "vagrant"

remote_host.ssh_options = {
  keys: %w(/Users/user_name/.vagrant.d/insecure_private_key),
  auth_methods: %w(publickey)
}

on remote_host do
  execute "ruby -v"
  execute "pwd"
  upload! "./file.txt", "./app"
end